賃借権不動産の世界では様々な法律が関係していて素人にはなかなかわかりにくいことがありあます。誰しも家を建てたり借りたりして生活を営んでいますので、その都度不動産に関する法律をしっかりと理解しておく必要があります。家や土地を貸す側も借りる側もしっかりと勉強しておいたほうが良いことの一つに借地権というものがあります。借地権に関してしっかりと知識を得ておくことは賃貸上のトラブルなどが起こった時にしっかりと自分の権利を確認するのに役立ちます。

しかし借地権というものは複数の用いられ方をしますので、それぞれの違いなども理解しておく必要があります。まず覚えておきたいのは「借地借家法」に基づく借地権であり、「建物の所有を目的としている地上権または土地の賃借権ということになります。わかりやすく一戸建ての家で考えてみると、土地は借り物、その土地に建てた家は自分の物という場合です。借りている土地に自分の家を建てるという選択があることを覚えておきましょう。

借地借家法に基づく借地権だけでなく、「民法上の借地権」というものも存在します。民法上の借地権の場合は建物所有が目的ではない場合の土地の賃貸借のことを言っています。建物所有目的じゃないのに土地を借りる場合というのはどのようなケースでしょうか。例えば月極駐車場や資材を置く場所としてその土地を用いる場合などがこれに当たります。まずは借地権という言葉の中には以上のような異なったタイプがあるということを理解しましょう。


参照_借地権について「借地権 無料相談ドットコム」