比較的貸し主側が強い立場になりがちな不動産の世界において借り主の権利をしっかり守ろうとする動きもあり借地借家法というものが存在しています。土地の賃借権を簡単に説明すると「賃貸借の契約によって得られる借り主の権利」ということになります。想像に難くないことですが、不動産の賃借権は借り主の安定した生活の最も基本的な部分となるため、不動産の賃借権に関しては借り主の権利が強く保護されています。貸し主側が賃貸契約の更新を拒絶したり契約を解除することを求める場合、貸し主側に正当事由が求められます。

正当事由この正当事由というのがまた難しく、どこからが正当な理由になるのかということでトラブルになりやすい事でもあります。多くの場合貸し主側が借り主に相当の金銭を支払うことによって退去を承諾してもらうというケースが多いようです。とりわけ借りている土地に借り主が自分の所有の家を建てた場合などは、土地を返してくれと地主さんに言われても、自分のマイホームがそこに建っているわけですから簡単に求めに応じることは難しいでしょう。普通にマンションやアパートの賃貸契約をしている方も、借りた土地に建物を建てている方も借地権や借地借家法について詳しくなっておくことはいざというとき役に立ちます。