わざわざ借りた土地にマイホームを建てるということに違和感を感じる人もいるかもしれません。土地も買ったものならば余計なトラブルや心配を避けることができるのではないかと考えるわけです。でも実は借りた土地に家を建てることには様々なメリットもあります。借りた土地において借地権のメリットはその土地の固定資産税や都市計画税がかからないということです。土地も一緒に購入するという場合よりも安価にすみますし、将来的にも借地権付き建物として売却することが可能です。そうです。借地権はれっきとした権利であり、売却も可能なものなのです。

借地権借地権のメリットとしては税金面でのメリットだけでなく、建物を購入する場合でも借地権付きの建物であれば、土地の所有権付きの物件よりも安く手に入る可能性が高いということもあります。そして借りている土地とはいっても旧借地法により半永久的に借りられるというメリットもあります。

もちろんメリットだけではなく、借地権の場合その建物を増改築する際に貸し主の承諾が必要だったり、建物を売却する場合にも地主さんの承諾が必要です。こうしたメリットデメリットに関してもしっかりと理解して土地の賃借をしていきましょう。